ラブホテル予約を使って小旅行

こんなシチュエーションありませんか?

明日久しぶりに休みが取れたので一泊くらい羽を伸ばすかな…でも今からじゃホテルや旅館の予約なんて厳しいか…といったシチュエーションが年に数回くらいはあるんじゃないかなと思いますが、そういったときラブホテルの予約を活用してカジュアルに旅行してみるのも面白いんじゃないでしょうか。

例えば金曜の夜に

金曜日の午後にnotte(ノッテ)を起動し目的地付近のホテルを予約、食べログやぐるなびでディナーの美味しいお店も探しておきましょう。19時に彼女と合流、目的地には21時半に到着。その後ディナーをゆっくり楽しんで、0時半にチェックイン。

キングサイズの広いベッドや、ジャグジーとテレビがついたゆったりとした浴室でのんびり入浴して、次の日朝はホテルで軽いモーニングを食べてシャワーを浴びてから、ゆっくり10時にチェックアウト。地元の名所を回って有名なラーメン店でお昼を食べて帰路につきます。

※ チェックアウト時間は施設によって異なりますので、必ず予約する前に確認しましょう。

実はラブホテルってすごくお得なんです

ビジネスホテルや旅館はもちろんピンキリですが、首都圏だと土曜・休前日あたりは1名10,000〜25,000円、2名だとその倍くらいしますが、ラブホテルならば2名でビジネスホテルの相場の半額程度の10,000〜18,000円でラグジュアリーなホテルに泊まれます。

※ ラブホテルの料金表示はほとんどが室料(2名での宿泊費)表記になっています。notte(ノッテ)での料金表示も室料表記です。

金額が安いだけではなく、同価格帯のビジネスホテルなどと比較して部屋が広いことが多く、ビジネスホテルだと風呂もユニットバスですが、ラブホテルの多くは非常に広い浴室にTVやジャグジーといったラグジュアルな設備が付いていたりします。ルームサービスも充実した店舗も多く、手頃な値段で食事をしたりすることも可能です。

ラブホテルをうまく活用すれば色々な可能性が

あまり良くないイメージをもたれがちなラブホテルですが、利用されている方はご存知だと思いますが、近年は非常に綺麗で衛生的なホテルが多く、非常に利用し易い宿泊施設です。

使ったことがない方はぜひ一度使ってみて欲しいです。近年は女子会やビジネス利用といった新たな利用シーンでの活用も増えてきていますので、すでにラブホテルを利用している方々も、こういった新たな活用法を「Buona notte(ボナ ノッテ)」で試してみませんか。

ホテルの予約はアプリから

レジャー・ラブホテルのご予約はスマートフォン専用アプリ「Buona notte(ボナ ノッテ)」で簡単にできます。アプリのダウンロードはこちらから

iPhone/iPadをご利用の方

appstore_badge

Androidをご利用の方

googleplay_badge

Share
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0

関連記事

予約 / Reservation

ダウンロード / Download

iPhone/iPadをご利用の方

appstore_badge

Androidをご利用の方

googleplay_badge

エリア検索

パートナー / Partner

return top