もはやバトル!外国人観光客とのホテル争奪戦

近年、急激な外国人観光客の増加により、日本の観光地のホテルやバスが足りていないという問題が起きています。今後は2020年の東京オリンピック開催へ向けてその数がどんどん増えていくと予想されています。また東京だけでなく地方にも外国人の関心が集まっており、観光地の宿泊施設を抑えるのはいよいよ難しくなってきています。

増え続ける外国人観光客、その影響は各地のホテルに?

2015年6月の外国人旅行者数は160万2千人で、円安の影響もあり前年の同じ時期(106万人)と比べて+51.8%の大幅増となりました。

そんな中、問題となっているのが慢性的なホテル不足です。日本の宿泊施設における外国人観光客利用者の割合は、東京では35.5%と3人に1人が外国人ということになります。

予約が取りにくいだけでなく単価も高騰!?

東京の一部ビジネスホテルでは、一室3万円以上と通常の3倍の料金が設定されることもありました。こうした価格高騰には、インターネット経由の予約が大半を占めるようになり、需給にあわせて客室料金を柔軟に引き上げることが可能になったためと言われています。イベントシーズンは特に日本国内の宿泊に、世界中から予約が入るということです。

Airbnb経由の民間宿泊も多くなってきた

今年から日本でも知られるようになったAirbnbというサービスをご存知ですか?これは個人の部屋や家を、他のユーザーに貸し出せるというもので、バックパッカーを中心に世界中に広まりました。日本でもだんだんと登録ユーザーが増えていますが、やはり利用者は外国人が多いようです。

個人で貸し出す分、部屋の種類や値段もマチマチで品質も安定しないのですが、年末年始や夏休みといった時期は自分の家を空けて実家に帰っている人が多いので、良質な物件が出品されているので一見の価値アリです!

ラブホテルを受け皿として有効利用しましょう!

そこでオススメしたいのが、ラブホテルの利用です。旅行でラブホテルを使うの!?と驚くかたもいるかと思いますが、ベッドも大きく、バスルームも広くて実はゆっくり疲れた身体を癒すことができる設備が整っています。

ここでぜひ活用して頂きたいのが「Buona notte(ボナ ノッテ)」です。まだまだ旅館やビジネスホテルに比べれば空きを見つけやすいラブホテルですが、予約できないことがネックになっていました。「Buona notte(ボナ ノッテ)」なら簡単にラブホテルの予約ができますので、是非活用してみてください。

ホテルの予約はアプリから

レジャー・ラブホテルのご予約はスマートフォン専用アプリ「Buona notte(ボナ ノッテ)」で簡単にできます。アプリのダウンロードはこちらから

iPhone/iPadをご利用の方

appstore_badge

Androidをご利用の方

googleplay_badge

Share
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0

関連記事

予約 / Reservation

ダウンロード / Download

iPhone/iPadをご利用の方

appstore_badge

Androidをご利用の方

googleplay_badge

エリア検索

パートナー / Partner

return top