ピンクローターは古い!ラブホに行く前に買うべき初めてのローターとは?

バイブコレクターの私にとって、アダルトグッズショップはネズミの国ばりに楽しいワンダーランド。これからラブホテルに行くカップルにもれなく立ち寄ってほしいと、第一回目※でお伝えしましたが、あまりの種類の多さに「何を買えばいいの……」と立ちすくむビギナーさんは多いです。

そのうえ照れも手伝って商品をよく見ずパパッと適当に購入した結果、使ってみても気持ちよくもなれず、

彼「これ、持って帰りなよ」
彼女「え、別にいらないし」

といってホテルに置いていかれる……よくある話です。

なんてもったいない! 最初に出会うグッズがいまいちだと、その後、使う気にならないのは当然です。再びショップに立ち寄ろうという気も失せるでしょう。ラブグッズとは、快感を高めるために作られたもの。でも、粗悪なものがあるのも事実です。

繊細な刺激ができるグッズは買い!

バイブやローター、電マなら振動が強すぎて痛い思いをしたり、オナホなら素材が硬くてやっぱり痛かったり、ローションなら膣内に残って炎症の原因となったり……。そんなハズレを引かないよう、今後この連載でお伝えしていく予定ですが、まずは「ラブホで初めてのオモチャ遊びをするなら、コレが買い!」というアイテムからお知らせしましょう。

それは、〈スティック型ローター〉です。

https://www.ms-online.co.jp/rotor-type-sticktype/050301064/

ローターと聞くと、いわゆるピンクローターを思い浮かべる方は少なくないはず。小さなタマゴ型のローターからコードが伸びて、コントローラーにつながっている……というアレです。はっきりいいますね、その感覚は古すぎます! いまやどのショップでもバリエーション豊かなローターをそろえていますから、イメージをアップデートしてください。

そんな多種多様なローターのなかで私が〈スティック型〉を推す理由は、繊細な刺激ができるからです。コツは、鉛筆を持つように握ること。ローターをぐりぐり大雑把に押し付けるだけの愛撫って、繊細さのカケラもなくて、女性としてはNOといわざるをえません。

小回りを利かせて敏感な部分を…

クリトリスも乳首もとても敏感な器官、そ~っとそ~っと触れるか触れないかギリギリのところから始めるのが紳士的です(すでにオモチャに慣れている人にとっても、いい焦らしプレイになります)。そうしたデリケートな動きをするには、鉛筆持ちがいちばん!

ペンで細かい字を書くときのように小回りを利かせた動きは、前戯のスタートとして最適なのです。敏感な部分の周辺をくるくるとなぞったり、太ももや背中にツツツッと這わせたり。全身で感じてほしい! ぐらいの気持ちであちこち愛撫してください。

彼女が感じてきたら、筆圧を強める要領でちょっと強く押し当ててもOK! また、女性→男性を愛撫するのにも使えます。男性でも乳首が敏感な男性は多いですし、耳元や首筋、尿道口など、刺激できるところはたくさんありますからね!

そして、ラブホから持ち帰るにもかさばらなくて◎。そんな気遣いが、ラブグッズ好きへの扉を開いてくれるのです。

-桃子さんの関連記事

-Author

バイブコレクター 桃子
バイブコレクター 桃子
バイブコレクションを始めて7年あまり、集めたバイブは230本!
コレクションや商品知識だけでにとどまらず、使用法・活用法まで幅広く執筆
アダルトグッズのエヴァンジェリストとして活躍中
Facebook:www.facebook.com/ol.momoco
Twitter:twitter.com/_momoco_
桃子さんコーナー:category/article/column/momoco

-ホテルの予約はアプリから

レジャー・ラブホテルのご予約はスマートフォン専用アプリ「Buona notte(ボナ ノッテ)」で簡単にできます。アプリのダウンロードはこちらから

-iPhone/iPadをご利用の方

appstore_badge

-Androidをご利用の方

googleplay_badge

Share
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0

関連記事

予約 / Reservation

ダウンロード / Download

iPhone/iPadをご利用の方

appstore_badge

Androidをご利用の方

googleplay_badge

エリア検索

パートナー / Partner

return top