あともうちょっと…ラブホテルで盛り上がった際に時間の延長はできるの?

「休憩」でラブホテルを利用したものの、思った以上に盛り上がった場合は「延長」を利用してみてはいかがでしょうか?でも追加料金は?延長できる時間は?ここでは、そんな疑問に答えていきます。

「基本料金」と「延長」

ラブホテルを休憩で利用した場合、「基本時間」とそれに対応した「基本料金」がかかり、多くの場合「3時間、◯◯◯円」のように表示されています。この時間を過ぎて利用しようと思った場合「延長料金」がかかります。

どうやったら延長できるの?

利用時間を延長したい場合、そのまま何もしなくても自動で延長されるか、時間が来ると「延長されますか?」という電話がフロントからかかってきます。延長をすると、30分毎(場所によっては1時間毎)に料金が加算されることをお忘れなく。

※ notte(ノッテ)で予約した場合、予約代金に含まれているのは基本料金のみですので、延長やルームサービスといった追加料金は、ホテルで別途支払って下さい。
(notte(ノッテ)での「休憩」予約は9月中に開始予定です)

はじめから時間がかかりそうなら、思い切って「フリータイム」で入りましょう

「フリータイム」とは、6時~17時、15時~22時など、各ホテルで決められた時間内での利用は、ある料金を上限に何時間でも利用できるというものです。「基本料金+延長」による料金の加算が気になる場合は、はじめから「フリータイム」で利用することをオススメします。

ラブホテルによって、休憩で利用できる時間は異なるため、部屋に入るまえにきちんと確認しておきましょう。事前にホテルの情報を見て探したい場合は、ラブホ・ラブホテル当日予約サービスBuona notte(ボナ ノッテ)を利用してみてはいかがでしょうか?そのまま予約もできて、オススメです。

ホテルの予約はアプリから

レジャー・ラブホテルのご予約はスマートフォン専用アプリ「Buona notte(ボナ ノッテ)」で簡単にできます。アプリのダウンロードはこちらから

iPhone/iPadをご利用の方

appstore_badge

Androidをご利用の方

googleplay_badge

Share
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0

関連記事

予約 / Reservation

ダウンロード / Download

iPhone/iPadをご利用の方

appstore_badge

Androidをご利用の方

googleplay_badge

エリア検索

パートナー / Partner

return top